不動産投資のノウハウはシノケンハーモニーから学ぶ|初めてガイド

模型とお金

初期費用を抑えて経営可能

作業員

需要の見通しはシビアに

低コストで、運用利回りも物件によっては10%を超えるのが駐車場の経営です。しかし収益は立地に大きく影響されるため、需要の見通しは注意深く算出する必要があります。その地域でどれだけの駐車場需要があるのか、施工会社とも相談してプランを立てるようにします。都市部で需要が高い地域ならば、自走式やカーエレベーター付き、機械式などの駐車場を施工して、より多くの収益を上げることも可能です。逆に需要が不透明な地域ならば、露天型のいわゆる青空駐車場でローリスクでローコストな経営を行うといった手法も有効です。また施工会社の技術力も収益に影響する要素なので気をつけたい点です。コインパーキングやカーエレベーターの故障などもリスクとなるので、施工管理がしっかりとできる所と契約を交わすようにします。

低リスクで柔軟性が高い

遊休地の有効活用として注目されているのが駐車場の経営です。他の不動産投資にはない特徴が複数あります。駐車場経営の特徴としては、まず初期投資が少なくて済む点が挙げられます。施工の費用が安上がりなため、不動産経営初期にありがちな資金のひっ迫といった心配も少なくて済みます。青空駐車場の施工ならば、100万円以下の初期費用で始めることも可能です。もう1つ注目したい駐車場経営の特徴として、低リスクに加えて土地の運用形態を変更しやすいという点もあります。万が一経営に失敗してもダメージが少なく、後からアパートなどの賃貸経営に切り替えたりといったことも容易です。収益性を望めるならば、立体駐車場を施工して経営の規模を拡大できます。